お役立ち記事

【VISA】申請は行政書士に依頼しよう!在留資格とビザの違い

今回は、「在留資格とビザの違い」について解説します!

日常会話ではよく、在留資格とビザが混同していることがありますが、実はこの2つは全くの別ものを指しています。

今日は、その2つの違いと、在留資格の種類などについて見ていきましょう。

 

【在留資格とは】

在留資格とは、その名のとおり、外国人が日本に在留するために必要な資格のことです。

留学や研修や仕事や旅行など、外国人が日本で行う活動に応じて30種類以上の在留資格があります。

許可(資格)を得るためには、出入国在留管理局(入管)に申請します。

 

【ビザ(VISA)とは】

外国人が日本に入国するには、原則としてビザを取得する必要があります。

ビザとは、外国人が母国の日本大使館や領事館で取得する「査証」のことで、パスポートにスタンプやシールなどが貼付されるのが一般的です。

ビザがあることで、「パスポートの有効性の確認」と「入国の推薦」の役割を果たしています。ビザが取得できても必ず日本に入国できるわけではありませんが、ビザの発給があればほとんどの場合は問題なく日本に入国できます。

 

【在留資格の種類】

在留資格の種類は、出入国在留管理庁がHPに掲載している在留資格一覧で確認できます。

在留資格は、よく「就労系の在留資格」や「身分系の在留資格」というように呼ばれることがあります。

就労系の在留資格とは、日本で働くための在留資格です。仕事の内容によって細かく分かれており、基本的にはその在留資格で決められた仕事のみを行えるということになっています。

在留カード(※)の在留資格の欄に「種類」が記載され、就労制限の有無という欄には通常、「在留資格に基づく就労活動のみ可」と書かれています。

身分系の在留資格は、永住者、日本人の配偶者等(日本人の子、特別養子含む)、永住者の配偶者等、日系3世・中国在留邦人などの定住者がこれに当たります。

身分系の在留資格の場合は、就く仕事の業務内容や雇用形態に制限はありません。就労制限の有無という欄には通常「就労制限なし」と書かれています。

コンビニバイトやスーパーのレジ打ちといった仕事は、基本的に就労系の在留資格では就くことができません。

しかし、身分系の在留資格を持つ外国人であれば就ける仕事に制限がないので、このような職種にも就けるというわけです。

 

※在留カード:日本に中長期間在留する外国人に交付されるカードで、氏名・住所・生年月日などの基本情報のほか、在留資格・在留期間・就労の制限の有無などが記載されています。日本に適法に在留していることを証明するものなので、外国人は常に在留カードを携帯していなければなりません。

 

【在留資格関係の手続き】

在留資格に関する主な手続きは以下の通りです。

在留資格認定証明書交付申請:外国人が新しく日本に来る際に行う手続きです。

在留資格変更許可申請現在の在留資格から別の在留資格に変更する際に行う手続きです。

例)就労系の在留資格で日本で働いていた外国人が、日本人と結婚した場合や、留学を終えた外国人が学校卒業後に日本で就職する場合など。

在留期間更新許可申請在留資格の有効期限(在留期間)を更新する際に行う手続きです。

永住許可申請:現在の在留資格から永住者の在留資格に変更する際に行う手続きです。

※厳しい審査がありますが、永住権資格を取得すれば日本での活動や在留期間の制限がなくなります。

資格外活動許可申請就労不可の在留資格の場合に、資格外活動許可を得るための申請です。

※留学や研修などの場合は原則「就労不可」ですが、資格外活動許可を得ると、在留カードの裏面の「資格外活動許可欄」に「許可(原則28時間以内・風俗営業等の従事を除く)」や「許可(資格外活動許可書に記載された範囲内の活動)」と記載され、決められた一定の条件内で就労することが可能となります。

再入国許可申請在留期間満了前に再び入国する意思を持って一時的に日本から出国する際に行う手続きです。

 

【まとめ】

今回は、「在留資格とビザの違い」、在留資格の種類や、それに関連する手続きをご紹介しました。

それぞれの資格や申請内容については、またブログページで詳しく深堀りしていく予定です!

 

CoCo行政書士相談室では上記の手続きの他、日本に住む外国籍の方からのご相談も承っております。

ご相談はこちらから(英語でもOKです!)

ページ上部へ戻る